CAD 仕事

CADはどんな仕事に活かせるの?

CADはどういった仕事・企業に需要があるのでしょうか。CAD資格を取得すれば、ほとんどの企業・会社で需要があると言われています。なぜなら、何かを設計、デザインする時は必ずと言っていい程にCADソフトウェアが使われるからです。

 

ただCADソフトは各分野によって使われているものが異なってきます。CAD資格のニーズがある主な仕事は、建築・機械・設計メーカー、通信、自動車、航空機、アパレル、広告デザインと多種多様です。

 

CAD資格を実務で活かす為に必要なもの

まず建築系の企業・会社に就職する場合は建築CADの資格に加えて、ある程度の建築知識が必要のようです。その理由は建築士としての知識・経験が無ければ、専門用語が行き交う現場で作業を進めていくことは非常に難しいからです。

 

建築系企業でCAD資格のメリットをフルに活用する為には、建築士としての資格も併せ持つことが勧められています。最低でも2級建築士を取得しておくことが望ましいとされています。

 

建築士や建築系企業で働いている人たちの多くは、CAD資格が無くてもCADを使えます。現場では、製図ツールであるCADを使わざるを得ないからでしょう。

 

実務だけでCADを使いこなしている人も多くいらっしゃるので、CAD資格だけでは採用されにくいようです。企業は常にその分野での提案と設計、CADも扱えるという一連の流れを全て自力でこなせる人材を求めています。

 

質の高い仕事を実現できるCAD資格

機械系CADを扱う企業・会社も同じ現状です。機械系企業とは部品の製造などを行っている会社を指します。

 

CAD資格を取得後に機械系企業で働いているほとんどの人達は、以前に機械系企業での実務経験があります。現場での実務を通して仕事の魅力、CAD資格の必要性を感じたことをキッカケにして学校に通ったという共通の経緯があるようです。

 

その人たちがCAD資格を取得後に仕事の現場で改めて気付かされるのは、CAD資格を持っていても機械加工についての知識・経験が無ければ仕事にならないことです。それによって非現実的な部品を作ってしまうことがあるので、加工する立場の人たちから苦情が出ることも多いようです。

 

その他の分野の仕事でもほぼ同じことが言えます。特にIT化が進む現代の企業においては、より質の高い仕事が求められています。

 

各分野に関わる十分な知識と高いスキルを持つCAD資格があれば、その現場においてプロフェッショナルな仕事を実現することができるのです。