CAD 資格 独学

CAD|独学で資格を取得する際の注意点

CAD資格は独学でも取得することが出来るものとして、人気があります。

 

もちろん簡単なわけではありませんが、不可能というわけでもないために、チャレンジしてみる方が多いのです。

 

CAD資格には様々な種類がありますが、これらを独学で取得する際には、いくつかの注意点があります。

 

強い意志が必要!

独学で試験対策を行い、実際に試験を受験するというのは、なかなか難しいことでもあります。

 

というのも、独学の場合には、通信講座や通学講座を受講することとは以下のような点で異なります。

 

・独学だから、かかる費用がテキスト代のみであること
・誰にも勉強についてとやかく言われないこと
・マイペースになりすぎること
・スケジュール管理を自分で行わなくてはならないこと
・一緒に勉強する仲間が居ないこと
・テキスト選びも自分で行わなくてはならないこと

 

など、このような点が、通信講座や通学講座とは異なっている点です。

 

誰にも勉強について指図されないということで、かなり怠けてしまう可能性があります。

 

費用もテキスト代しかかかっておらず、CADの場合にはパソコンや周辺ソフトなどを購入する費用のみとなります。

 

そうなると、講座を受講するよりも安い費用で抑えられるため、別に無駄にはしていない!と感じてしまうのです。

 

さらに、スケジュール管理も自分で自由自在に変更したり取りやめたりすることが出来ますし、ずっと一人で勉強していくことになるために、モチベーションの維持が難しくなります。

 

独学でしっかりと勉強し、その上で合格したいという場合には、合格したいという強い意志を持ち続けることが重要になります。

 

もし意志が弱いという場合や、挫折しそうになったという場合には、通信講座や通学講座などを検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

せっかく勉強する時間を無駄にしないためにも、自分に合った勉強方法を探していく事も大切です。