CAD 資格 取得期間

CADの一般的な資格取得期間はどれくらい?

CAD資格を取得する一般的な期間はその資格によって違ってきます。

 

公的資格の平均取得期間

公的資格である「CADトレース技能審査」は、初級試験なら実務経験が無くても受験することができます。この資格は建築と機械の2部門に分かれています。その各部門の中に初級・中級・上級という等級があります。

 

この資格の試験対策としてCADトレース技能審査試験問題集を使用することが出来ます。この問題集で勉強しながら、CADの操作を実際に行っていきます。だいたい2ヶ月ほどで試験にチャレンジできるレベルになるようです。

 

初級合格後、中級に挑戦する場合は半年以上の実務経験を得なければいけません。この中級試験では専門分野に応じた読図能力と製図スキルが試されます。上級では実務経験1年以上が条件です。

 

そして、この中級で会得した能力に加えて柔軟に仕様を変えることが出来る応用力が評価されます。各級の難易度は高めですが、この資格は日本唯一のCAD公的資格として企業から最も重要視されています。

 

民間資格の平均取得期間

民間資格の代表的なものである「建築CAD検定試験」は、国内最大級の規模で試験を行っています。等級は准1級、2級、3級、4級に分かれていますが、4級は高校生でも学校単位での受験が可能です。

 

2級?4級の合格率は60?80%をキープしていますが、准1級のみ20%と難易度が上がります。この資格も試験対策としてガイドブックや過去問題集が発行されています。

 

受験資格は特にありません。どの級からでもチャレンジできるのが魅力です。

 

また試験は全て実技試験のみで行われていて、自前のパソコンも試験会場に持ち込むことが出来ます。

 

3級と4級を受験する場合は、約2ヶ月?半年以内で取得できる方が多いようです。准1級と2級はレベルが格段に上がっていくので、独学ではなく学校に通って十分に試験対策してからトライした方が取得しやすいようです。

 

各資格の下位の級はだいたい2?3ヶ月ほどで取得が可能のようです。確実に合格を目指すなら、専門学校に行くことをお勧めします。