CADオペレーター スキル

CADオペレーターはどんなスキルを求められる?

CADの資格には様々な種類がありますが、それらの資格を取得してからCADオペレーターとして活躍される方もおられます。

 

このCADオペレーターには、特別求められるスキルというものがあります。

 

今回は、CADオペレーターに求められるスキルを見ていこうと思います。

 

CADオペレーター 求められるスキル

CADオペレーターとは、CAD(図面作成支援ソフトウェア)を使用して、図面を作成していく方のことを指します。

 

建築や電気、機械などの分野で活用されているCADは、CADオペレーターの仕事の幅を広げているとも言えます。

 

このCADオペレーターは、設計士やデザイナーなどから指示されたとおりに、正確に図面を作成していくことが仕事となります。

 

そのため、以下のようなスキルが求められます。

 

・地道な作業でも手を抜かない
・正確に作り上げることが出来る
・コミュニケーション能力

 

など、このようなスキルがほぼ必須となります。

 

地道な作業でも手を抜かない

CADオペレーターの仕事は、地道な作業がとても多い仕事です。

 

地道なことは嫌いという方や、デスクワークが嫌い、飽きやすいという方にとっては、あまり向いている仕事ではありません。

 

丁寧に仕事に取り組み、集中力を切らさないというスキルが求められることになります。

 

正確に作り上げる事が出来る

そして、設計士やデザイナーから受けた指示通りに、正確に図面を作り上げなくてはなりません。

 

自分のミスは他の社員にも迷惑をかけてしまうことがありますので、常に細かい部分にまで気を配らなくてはならないのです。

 

正確性や根気強さといったものが求められることになります。

 

コミュニケーション能力

どのような仕事であっても、コミュニケーションスキルは必須となります。

 

CADオペレーターも一見パソコンと向き合っている時間が長いように思われますが、人とのコミュニケーションもとても重要です。

 

指示を受ける設計士などとしっかりコミュニケーションがとれなくては、正確な仕事はできません。

 

コミュニケーションスキルはどのような仕事であっても重要となるものなのです。