CADオペレーター 給料

CADオペレーターの給料・年収はどのくらい?【CAD資格取得ナビ】

CADオペレーターの給料や年収は、分野、雇用形態、就職先、経験など色んな要素によって差が出てきます。

 

相場は時給で1,600?2,000円くらい、平均年収では400?600万円程とされています。

 

各分野での年収

建築業界で働く場合、年収約400万円ほどです。手描き設計図のデータ化と施工図・竣工図の作成が主な業務のようです。この中で一番稼ぎが大きいのは、施工図作成のようで、年収で500?600万ぐらいです。

 

ただこの施工図が製図出来るようになるには、建築と設備などの周辺知識を勉強する必要があります。また1級管工事施工管理技士などの国家資格も必要になるそうです。

 

航空機部品を製作する工場でCADオペレーターとして働く場合は、年収が300万?500万ほどです。航空機メーカーは3次元CADを主に使用してるので、3次元CAD資格があれば資格手当を支給してもらえるかもしれません。

 

「資格手当」とは従業員が資格を取得した場合、もしくは取得しようとする場合に支払われる手当のことです。支給額は業界や企業によって様々ですが、CADオペレーターはだいたい5,000?10,000円の支給額が毎月の給与に上乗せされるようです。

 

3DCADは将来的に稼げる可能性アリ

これだけ見てもCADオペレーターはあまり稼げない職種のようです。特に初心者のCADオペレーターの場合、その給料は10万前後のケースが多いようです。

 

製図の納期を間に合わせるために残業をすることが多々あるこの仕事は、かなり体力的にキツイ仕事とも言われています。

 

ただ経験と知識がついてくると任せてもらえる仕事の内容が変わってきます。それにより、高額な案件をスムーズにこなして徐々に稼いでいくことが出来ます。十分なスキルが身に付けば、独立することも一つの選択肢として視野に入ってくるでしょう。

 

現在、人材が不足しているのは3次元CADのオペレーターです。3Dプリンターの普及でさらにその必要性が高まってきているので、各分野からの受注が増えることが予想されます。

 

これからCADオペレーターを目指している人は、ぜひ3次元CADの資格取得にチャレンジしてみてください。