CAD 資格 おすすめ

おすすめのCAD資格は?【CAD資格取得ナビ】

CAD

 

CAD関連の資格は、さまざまな団体によって認定されています。

 

では、数多くあるCAD資格の中で、特に将来性の高い資格は一体どれなのでしょうか?

 

当記事では、「失敗しないCAD資格の選び方」「CADを就職に活かす方法」「3次元CADの将来性」について書いていきたいと思います。

 

必要な情報を盛り込んだ結果、少し長くなってしまいましたが、他サイトでは書かれていない役立つ情報をたくさん盛り込みました。ぜひ、最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

CAD資格試験一覧

以下の中で、特に受講者が多く知名度が高いのが「CAD利用技術者試験」「CADトレース技能審査」「建築CAD検定試験」になります。

 

資格名 主催団体
CAD利用技術者試験 日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会
3次元CAD利用技術者試験 日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会
CADトレース技能審査 中央職業能力開発協会
CAD実務キャリア認定制度 コンピュータキャリア教育振興会
パソコン技能検定CAD試験 全日本情報学習振興協会
建築CAD検定試験 全国建築CAD連盟
建築CADデザイナー資格認定試験 全国建築CAD連盟
Autedesk Master Autedesk Master試験センター
Vector Works操作技能保持者認定試験 Vector Works操作技能保持者認定試験事務局

おすすめの資格は?

結論からお伝えすると、各分野によって求められる能力が全く異なるため、万人に対して「◯◯◯資格がおすすめ!」と断言することはできません。もし、「◯◯◯資格がおすすめ!」と堂々と謳っているサイトを見たら、そこに書かれている情報は100%嘘だと疑ってかかってください。

 

当然、これから先、3次元CADの需要が伸びていくことは予測できます。難易度の高い3次元CADを使いこなせれば、技術者もまだまだ少ないため、さまざまな企業で重宝されるでしょう。

 

また、著名な資格には「CAD利用技術者試験」や「CADトレース技能検査」などがあります。ただし、就職するにあたり、これらの資格の有無が問題とされることはまずありません。

 

不安に思う方は、実際に出ている求人情報を確認してみてください。特定のCAD資格保持を前提とする案件は見つからないと思います。

 

もちろん、設計業務やCADを使った仕事の経験が全くないのであれば、資格は就職活動の際にアピールすることに役立つので積極的に取得するべきです。そもそも、仕事のできない人材を採用する企業なんてありませんから、最低限のスキルは身につける必要があります。

 

そのために、資格取得を1つの目標にすることで、CADを習得する際の励みにもなるでしょう。その意味もあり、多くのスクールでは各種試験合格を目標としたコースが開設されているのです。

 

しかし、実際の現場では、資格よりも、実務経験や設計に関する知識が重視されます。重要なのは、自分が何をしたいのかを明確にしたうえで、どの資格を取得するかを決めること。

 

特に若い人やこれから転職を考えている方は、「◯◯◯の仕事がしたいので、その手段としてCADを学ぶ」とはっきりと答えられるようにしておくことが大切です。あくまで、資格はスキルを身につけるための通過点。最終的な目的は実務に活かすことだということを忘れないようにしましょう。

 

CAD資格を取得すると就職に有利?

就職

 

現状では、CADが使えるからといって、特別に就職に有利であるとはいえません。もちろん、実務経験のない方や何もアピールポイントが無いのであれば、CADを習得していることは格段に有利に働きます。

 

しかし、昨今の就職難を考えると、それだけでは「なかなか厳しい」というのが実情なのです。

 

現状が厳しい最大の理由として、「CADがそれほど特別なスキルではなくなってきた」という点があげられます。以前はCADオペレーターは高度な技能を有した専門職として歓迎されましたが、今では設計関連の業界では「CADは使えて当然」といった風潮が定着しつつあります。

 

そのため、CADの操作ができるだけですぐに就職が決まるといった例は少なくなっています。資格を取得して、本気で仕事に活かしたいのであれば、以下の2点について事前にしっかりと考えておく必要があるでしょう。

 

目標を明確にして学習する

資格を取ることが、全く役に立たないのかと言えば、そうではありません。未経験でCADの仕事に就きたいのであれば、資格を取得することが一定のスキルや意欲を証明することに役立ちます。

 

重要なのは、自分が「どうしてCADを学習するのか?」「学習してどんな仕事に活かしたいのか?」を明確にすること。ただ漠然とソフトの操作だけを学ぶのではなく、あらかじめ目標を決めたうえで学習に取り組むことが大切です。

 

CADを使った業務では、図面の作成・修正がメインになるので、当然製図に関する知識が求められます。一言で製図といっても、設計の対象によって図面を作成する方法はさまざまです。

 

たとえば、「建築製図」と「機械製図」の大きく2つに分類できますが、その両方を熟知するには大変な苦労を伴います。そのため、ある程度、自分の希望する業種に狙いを定めて、集中的に学習する必要があるのです。

 

地域差を考慮する

CADを使った仕事の需要には、地域差があります。この話は、他ではあまり語られていないので、初めて耳にする人も多いのではないでしょうか。

 

たとえば、建築系のCADオペレーターの求人募集は、CADオペレーターを必要とする大規模な建築プロジェクトの多い、大都市周辺に集中しています。

 

逆に、製造業などは、地元資本の中小企業が募集をするケースが多いです。例をあげるなら、自動車産業の関連企業が多い神奈川県南西部や愛知県豊田市周辺では、自動車部品を設計・製造する工場が多く、機械系CADオペレーターの求人案件が豊富にあります。

 

このように、地域の代表する産業によって、求人状況も大きく変わってくるのです。地域によっては、CADを使った仕事の求人自体が極端に少ない場合もあります。そのため、地元での就職を優先される場合は、地場産業の実態や求人状況なども事前に調べておくとよいでしょう。

 

とはいえ、これらの情報をすべて自力で調べるのは大変です。そんなとき、講座比較サイト「ブラッシュアップ学び」を利用すると便利です。このサイトを活用すれば、地域別のCAD講座を一覧比較&一括資料請求ができます。

 

まずは、資料を取り寄せ、自分の興味のある分野を扱うスクールに直接問い合わせてみましょう。スクールの情報以外にも、地場産業に関するデータや求人状況についても丁寧に教えてもらえます。また、無料で送られてくる資料には、資格ごとの特徴や業界別の資格の活かし方などが詳しく書かれているので、とても参考になりますよ。

 

資格ごとの特徴や活かし方を調べる!

 

CADを効率良く学ぶには?

パソコン

 

パソコンや製図に関する知識を持っていない人がCADを学習する際、独学ではなく、スクールに通うのが一般的です。現在、全国には約300校前後のスクールに「CADコース」があります。

 

以前は、資格試験に合格するまで保証する「合格保証付きコース」が人気を集めていましたが、最近ではより実践的な就業を目的としたスクールの受講者が増えています。

 

大きなスクールでは、CADの基本操作の習得はもちろん、建築設計・機械設計・インテリア設計など業種に合わせたスキルを学べます。また、実務で必須のWordやExelの習得講座がセットになっていたり、実際にCADを仕事で使うための実情に合わせたコースが設けられていたりします。

 

ほかにも、CAD資格試験の合格対策や就職相談といったサービスも充実しています。スクールによっては、講座修了後に就職先の斡旋をしてくれるところもあるので賢く活用するとよいでしょう。

 

また、CADを独学で学ぼうと考えている方は、こちらの記事も参考になると思います。あわせて参考にしてください。

 

CAD資格は独学で取得できるの?

 

失敗しないCADスクールの選び方

スクールを選ぶ際、以下の点に気をつけて選びましょう。

 

自分の目的に合った講座を選ぶこと

CAD講座を受講しようと思ったら、まずはCADを学ぶ目的を整理して、自分に合ったスクールを選ぶことが大切です。

 

たとえば、派遣のCADオペレーターとして活躍したいのであれば、派遣会社が運営しているスクールを選ぶ。建設業界で仕事がしたいなら、CADだけでなく建築製図や建設設計も学べるスクールを選ぶ、といった感じです。

 

各スクールごとに強みや弱みが異なるので、事前に特色を調べたうえで申し込むようにしましょう。

 

最低2回はスクールに足を運ぶこと

スクールの費用は比較的高額で、しかも形のない商品です。後悔しないためには、最終決定するまでに何度か足を運び、実際の雰囲気や授業の様子を確認したうえで申し込むことが大切です。

 

講座のパンフレットを見て比較すると、少なくとも2〜3校は気になるスクールが出てくると思います。最終的に1校まで絞るわけですが、そのための情報収集を怠ってはいけません。

 

使用するソフトの種類やバージョン、講師、テキスト、合格率などチェックすべき点はたくさんあります。

 

そして、申し込む前にスクールの専任スタッフとしっかりと話すこと。自分の目的を伝え、それに対するカウンセリングを受けたうえで目指すべき進路を決めるとよいでしょう。

 

継続して通えるスクールを選ぶこと

どんなにスクールの講師が優秀でも、いくらテキストが分かりやすくても、最終的に学ぶのは自分です。途中で挫折しないためにも、継続して通えるスクールを選びましょう。

 

たとえば、高額な受講料の場合、生活に負担がかかり通えなくなってしまったり、家から離れたスクールの場合、通うのが不便で続かなくなってしまったり…

 

長く通い続けるうえで欠かせない要素は、温かみのある気配りの効くスタッフがいるかどうか。CADは、安易な気持ちで学べるものではありません。中には、難しすぎて授業についていけず、途中で挫折しまう人もいます。

 

そんな時に、進捗状況や理解度のチェックなど、サポートをしてくれるのがスクールのスタッフです。そのため、受講の申し込みをする前に、あなたを担当する講師やスタッフが信頼できる人かどうかを見極めることが大切です。

 

試験の合格率を確認すること

CAD資格の中で、最も知名度の高い「CAD利用技術者試験」の合格率は、通常40%前後です。合格率を見ても分かるとおり、決して簡単な試験ではありません。

 

しかし、スクールによっては毎年80%前後の合格率を誇るところもあります。合格率は、「技術を身につけやすい環境」であるかを測る目安として、最もわかりやすい指標になります。

 

講座の案内パンフレットを見れば、各スクールの合格率は記載されているので、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

必ずパンフレットを取り寄せること

前述したように、現在、全国には300校前後の「CAD講座」があります。これらを自力ですべて調べて、比較をしていたら時間がいくらあっても足りません。

 

そこで、講座の専門サイト「ブラッシュアップ学び」を活用すれば、自宅近くのスクールの資料を一括で取り寄せることができるので便利です。

 

もちろん、サービスは全て無料で利用できます。まずは資料を取り寄せ、それぞれの資格の特徴やスクールの違いを確認することから始めましょう。

 

資格の特徴やスクールの違いを比較する!

 

今後需要が伸びる「3次元CAD」とは?

3DCAD

 

CADには、「2次元CAD」と「3次元CAD」があります。言葉の通り、平面図形を作成するものを「2次元CAD」、3次元データを作り出すものを「3次元CAD」または「3D-CAD」と呼びます。

 

さらに、3次元CADには大きく分けて「ハイエンドCAD」と「ミッドレンジCAD」の2種類があります。

 

ハイエンドCADとは、その製品のサービス・価格・性能・仕様がラインナップの中で最も上位にあるものを表します。たとえば、自動車や航空機などの部品作りに使用されているCADです。

 

そして、ミッドレンジCADは、それらの中級に位置する製品のことを指します。主に家電製品や一般OA製品の分野で普及しているCADになります。

 

従来の2次元CADは、手書き製図をコンピュータ上でそのまま表現するツールに過ぎませんでした。つまり、鉛筆や定規、コンパスなどの製図道具を使う代わりに、コンピュータ上で直線や曲線を書いて図面を作成するためのソフトウェアでしかなかったのです。

 

そのため、2次元CADで製図した図面を理解するには、その図面を正確に読み取る力が必要でした。複雑であればあるほど理解するのに時間がかかってしまう問題があったのです。

 

しかし、3次元CADが誕生したことにより、実体そのものを視覚化することが可能になりました。少しわかりにくいかもしれませんが、ここでいう「実体」とは、プラモデルなどと同様に「模型」と考えてください。

 

つまり、コンピューターの中に仮想的に製品の模型を作り出して設計を進めるのが3次元CADなのです。

 

3次元CADのメリットは、画面上であらゆる方法から製品の形状を視認することができることです。これにより、営業マン・仕入先の担当者・顧客といった専門知識を持たない人でも、簡単に図面を把握することができるようになったのです。

 

また、設計から製品完成までのシステムが簡略化されることで、コストと時間の削減にも役立つようになりました。

 

最も将来が期待されている分野は?

これら多くのメリットを持つ3次元CADを扱う分野の中で、最も将来性を期待されているのが、航空宇宙産業・ロボット産業・医療産業・3Dプリンター業界などです。

 

ざっと見ただけでも、これから急速に盛り上がっていく業界であることはご理解いただけると思います。そして、この分野に関わる企業で働くためには、高度な3次元CADのスキルが求められるのです。

 

一番よく知られているのが「3次元CAD利用技術者試験」です。数あるCAD資格の中で、最も難易度が高く、企業に対してスキルを証明するためにも十分な資格といえるでしょう。

 

3次元CADは独学で習得できる?

3d_cad

 

3次元CADを独学で学ぶのが困難な理由

3次元CADの場合、2次元CADとは異なり、ソフトの操作そのものが非常に難しいです。その一番の理由として、多くの人が3次元での造形や世界観に慣れていないことがあげられます。

 

たとえば、直方体や球などの単純な形状であればコマンド1つで簡単に作成できるでしょう。しかし、さまざまなコマンドを組み合わせて目的の形状を作り出すのは、慣れていない人にとってはかなり難しい作業です。

 

さらに、3次元CADは仮想的に3次元の物体を作成するものですが、通常作業の確認は2次元の平面表示でしかおこなえません。ディスプレイを確認しながら各種操作をおこなっていくのです。

 

あくまで、ディスプレイ上は2次元の表示になるので、3次元CADで作成した物体の形状を正確に把握するにはある程度の慣れが必要になります。

 

たとえば、粘土を使って造形をおこなう場合、粘土細工がはじめての人でも、手にとってさまざまな角度から形状を確認することができます。

 

しかし、3次元CADの場合、正面からみた表示、上から見た表示、斜め上から見た表示など、コマンドを使って画面を切り替えながら確認をしていきます。慣れていないと、実際は接しているはずの面と面の間に隙間が空いていたり、ありえない形で重なっていたり、おかしな形状に気づかないまま作業を進めてしまう恐れがあるのです。

 

このような理由から、3次元CADを使うには、ある程度の専門知識と経験が必須と言われているのです。

 

スクールへの通学が必須

大前提として、3次元CADを使うためには、2次元CADの操作や図面に関する知識も必要になります。そのため、仕事で通用する高度な技術を身につけるには、スクールへの通学が必須になります。

 

ただし、スキル習得までのハードルが高いぶん、工業用の3次元CADを使いこなせる人材は非常に少ないのが現状です。需要に対して、まだまだ技術者の供給が追いついていないため、さまざまな業界で重宝されることは間違いありません。

 

興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

CAD習得を目指す方におすすめ

CADキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ
「ブラッシュアップ学び」は、年間10万人以上が利用するスクール&通信講座専門サイトです。全国で開講されているCAD講座を一覧比較&無料で一括資料請求ができるので大変便利です。講座によってカリキュラム・学習期間・料金・就業実績などが異なります。失敗しないためにも、事前に情報を収集して自分に合った講座を選びましょう。

 

資料請求ボタン