CAD 独学

独学でCADのスキルを身に付けられる?

現代社会に欠かせなくなったCAD

コンピュータグラフィックとして一般的になったCADは、あらゆる分野で活用されています。平たく言うと、それまで紙面に手書きしていた設計を電子化したものです。

 

そのおかげで、手で削った鉛筆と製図装置を用いての職人芸の設計から、統一規格である電子データ上で行われるようになりました。

 

CADが用いられるのは、少しのミスも許されない、厳格な領域です。それだけに需要が大きく、CADに習熟していると、派遣なども視野に入ります。

 

細かい作業だから女性も多く活躍しており、子育て後の再就職手段としても人気です。

 

主に機械工業、建築分野で使用されていて、CADのスキル所有者は採用されやすい環境です。

 

経験者と初心者ではスタート地点が違う

CADは、経験者と初心者のスタート地点が大きく違う特徴があります。

 

高層ビルの建築設計もこなせるだけあって、CADの本質を理解しようと思ったら、大学の建築学科を卒業できるほどの高度な専門知識が必要です。

 

ソフトウェアを操作するオペレーターであろうとも、何も仕組みを知らないのでは不安が残ってしまいます。

 

専門学科を卒業している人間にとっては、確かにCADのスキルは独学でもマスターできる範囲です。

 

しかし、座標とはなんぞやという初心者が、参考書選びから一人で行うのはお勧めできません。

 

時間とお金をムダにしない為に、初心者向けのCADを習得する講座を選択しましょう。

 

CADオペレーターが専門職である理由

わざわざCADオペレーターを別で雇うのは、素人が手を出せない専門職だからです。

 

業務のついでに取得できる資格とは訳が違いますし、何より実務経験がなければ仕事になりません。

 

そのため、派遣から正社員まで幅広い求人が、いたるところで見られるのです。

 

独学でCADのスキルを身に付けるとは、このプロの現場が要求するレベルを満たすことになります。

 

おまけに、プロとして雇われる以上、分からないことは自分で調べつつ進めていかなければいけません。その水準を知る意味でも、CAD講座は大きな意味を持っています。

 

独学で見当違いな方向へどんどん学んでしまうよりも、正しく効率良く学ぶことをお勧めします。