CAD 資格 取得

CAD資格を取得するには?【CAD資格取得ナビ】

CAD資格を取得するには3種類の方法があります。それは独学・通学制・通信制です。

 

独学は最も努力が必要な方法

まず独学ですが、これは3つの中で結果的に一番出費と時間が掛かってしまう方法かもしれません。なぜなら、独学するにはCADが学べるような環境をまず整えなければいけないからです。

 

これは全て自費で必要なものを購入するということです。必要なものは、高性能のパソコンとCADソフトウェア、そして各資格で発行されている試験対策用のガイドブックや過去問題集です。

 

ガイドブックなどの参考書はそんなに高価ではありません。しかし、パソコンとCADソフトで最低20万円は掛かるでしょう。

 

専門学校の授業料は20万円以下が多いですから、独学は出費がまず掛かることがデメリットとして挙げられます。

 

次にCADを在宅で勉強する環境を整えても、講師や経験者のアドバイス無しでイチからCAD操作を学んでいくことは、かなり効率が悪いと言えます。その理由は、参考書だけを頼りに学んでも試験で評価されるスピーディーかつ効率が良い製図スキルは、なかなか習得できないからです。

 

やはりCAD操作にもそうした技術・コツを身に付ける必要性があります。その基本をマスターしない限り、上級の試験にパスすることは難しいかもしれません。

 

試験に合格できなければ、その後も試験費用や時間などを浪費してしまいます。出費と時間が掛かってしまう独学は、かなりの努力を必要とする方法と言えるでしょう。

 

確実に効率良くCADを学ぶ方法

一番良い方法は専門学校に通うことです。専門学校に通えば、独学でのデメリットを抱える必要はなくなります。

 

各資格・試験に対する合格ノウハウを持っている学校は、非常に効率良くCADスキルを学ばせてくれます。多くの資格取得者が専門学校でのスキル習得を勧めているのは、確実性と効率の良さという理由があるからなのです。

 

最後に通信制ですが、独学で掛かる出費にスクールの授業料も加わってしまいます。3つの方法の中では一番出費が掛かってしまう方法といえるでしょう。

 

しかし、通信スクールの利点はいつでも空いた時間を見つけて受講できるところです。仕事が忙しくて時間が取れない方にはお勧めしたい方法です。

 

CAD資格を取得するには、一番自分に合った方法を慎重に選択することが重要なのです。