CAD 資格 通信教育

CAD|通信教育で資格を取得するメリットとは?

日本有数のプロから直接教えてもらえる

求人数が多いCADオペレーターになるには、有効なCAD資格を取得する方法がお勧めです。

 

履歴書の資格欄に記載できる上、派遣会社の登録時にも専門職として見なされます。他人と差を付ける為には、資格取得を目指しましょう。

 

CAD資格の取得をフォローしてくれる場としては、資格対策のスクールへの通学か、それらが実施している通信教育のどちらかになります。

 

通信教育では、通学コースに負けないだけの魅力的なカリキュラムと講師陣が揃っており、日本有数のプロから直接教えてもらえるのです。

 

通学できる範囲内で選択するしかないケースに比べて、日本全国のトップレベルの講座を選択できます。

 

通学コースより費用が格安

通信教育は、年度毎の改正があるものの、一度作成してしまえば同じ物を使い回せます。そのため、通学コースより格安の費用で受講できるメリットがあり、お金がない方でも無理なくCADオペレーターを目指せるのが特徴です。

 

かつては講師が講義の合間に作った録音テープと、通信教育用の教材が多少ついてくる程度でした。

 

しかし、インターネット環境が整備された現代では、生講義と比べても遜色がない充実した学習環境です。

 

教材は、料金支払い後に一括発送されて、あとは適宜オンライン利用する形になります。

 

課題で制作した製図をチェックしてもらえるので、初心者から段階的にレベルアップできます。

 

自宅学習ができるから無理なくマスター

通信教育の醍醐味は、完全に自分のペースで学習を進められることです。受講開始から期限が設けられてはいますが、多少のブランクがあっても修了できる程度の時間は確保されています。

 

分からない部分を繰り返し学べるのは、自分一人だけで進める自宅学習だからこそです。

 

専門的な内容であるCADは、他の事務手続きのように適当に済ませることが許されません。一部をごまかしたら、将来的に建築物が倒壊する恐れすらある、責任重大なお仕事なのです。

 

現場で通用する人材になる為に、しっかり通信教育で学びましょう。

 

大勢が受講している通学コースでは、一部が分からなくても予定通りに進行していきます。