CAD 資格 ジュエリー

ジュエリーデザイン業界でCAD資格を活用する

デザイナーなどの職人の付加価値

ジュエリーデザイン業界では、立体的に仕上がる3Dプリンターの出現によって産業革命が起こっています。

 

これまで職人の勘と経験に頼っていた工程の一部が、コンピュータグラフィックによってすぐに誰でも見られる状態になったからです。

 

デザイナーなどの職人の付加価値として、CAD資格とスキルの習得は急務になっています。

 

人件費が安い東南アジア等で作られた低価格のジュエリーや、トップデザイナーが精魂込めて完成させた世界的なブランドのジュエリーに対抗する為には、安価でありながらも魅力的なものにしなければいけません。

 

CAD技術は、その助けとなるだけの実力を秘めており、多くの方が学習しています。

 

デザインセンスも求められる特殊な仕事

小物類のデザインは、デザイン業界の中でも最もセンスが問われる分野です。

 

購入対象者が多いメリットはあるものの、ライバルとなるジュエリーが数多くあり、選んでもらうのは並大抵のことではありません。そのため、CADオペレーターというだけでは、なかなか就職しにくい恐れがあります。

 

デザインセンスも求められる特殊な仕事であることを理解して、ジュエリーデザイン業界に強いスクールでしっかり学ぶ必要があります。

 

業界関係者へのつながりもあるので、個人でいきなり押しかけるよりは可能性が高くなるのです。

 

一般的なCADは建築などの公共施設としての目的が多いのに対して、ジュエリーでは極めて個人的になります。

 

CAD資格だけではなく実務もマスター

CAD資格の取得も有効ですが、それ以上に実務をマスターすることが重要です。独特の業界だけあって、その慣習の理解や、他の人間とのコミュニケーションも仕事を進めていく為の欠かせないスキルとなっています。

 

パソコンで描画するジュエリーの多くは、これから制作、販売していく秘蔵のものばかりです。

 

ゆえに、企業秘密を扱えるだけの信用と、プラスアルファをつけられる人材でなければいけません。即戦力として働いている方がCAD資格を取得しているのは、それだけの有効性があるからなのです。

 

未経験で入るのが大変な業界ではあるものの、ジュエリーデザインの最前線に立って仕事ができます。