CADオペレーターになるには 未経験

未経験からCADオペレーターになるには?

未経験向けのCAD資格の取得を行う

未経験のままでは、実務経験がないから選考外という結果が続くだけです。

 

入門レベルのCAD資格を取得して、CADソフトの基礎知識と、CADオペレーターになりたいという意気込みを示してみましょう。お金を払って養成講座を受講することで新しい道を歩めると考えたら、安いものです。

 

資格取得は、あくまでCADオペレーターになる為の手段であって、それで全ての仕事を覚えられるわけではありません。基礎知識と操作方法を身につけたら、あとは実際にCADオペレーターとして働きながら習得していく流れになります。

 

これまでのノウハウが凝縮している養成講座で学べば、最短距離で資格取得を果たせます。

 

自分の志望に合ったCAD求人を探す

CAD資格は汎用性が高く、幅広い業種に就職できる可能性ができます。

 

自分の志望に合ったCAD求人を探すことが重要であり、養成講座の就職サポート等を活用しながら、慎重に進めていくべきです。

 

CADオペレーターだけではなく、CADソフトを使用している業界への求人全般が対象になります。

 

すでに実務経験があったら、それと組み合わせると良いでしょう。他業種であっても実務経験は一定の評価をされますし、思わぬところで適職を見つけられる可能性があります。

 

将来的にどういったCADオペレーターになりたいのかを具体的に考えてみると、自分の将来を明るくできる求人を見つけやすくなります。

 

自分に合った働き方へステップアップ

未経験から念願のCADオペレーターになれても、そこからが本当の勝負です。

 

CADソフトの扱い方にしてもローカルルールがありますし、職場内での不文律なども覚えなくてはいけません。採用された時点で配属先には未経験の情報が伝えられますが、一定期間で仕事ができるようにならないと立場が悪くなってしまいます。

 

はじめて尽くしの職場では、最初の1年間ぐらいは苦労すると考えておくぐらいでちょうど良いです。そこで諦めずに食らいついていけば、自分に合った働き方へステップアップできるチャンスが生まれます。

 

即戦力のCADオペレーターとして、派遣形態で無理なく働くことも、現実的な選択肢になるのです。