CADオペレーターになるには 高卒

高卒でCADオペレーターになるには?

高校在学中にCAD資格を取得する

高卒向けの求人は、大卒に比べて現場で働く技能職が多く、在学中にCAD資格を取得しておくと有利になります。

 

新卒として企業の求人に応募する際に、履歴書に資格として記載できるから、書類審査の時点でも他の応募者に差をつけられるのです。

 

入門レベルのCAD資格は、受験資格がないことが一般的なので、高校生であっても受験できます。工業高校などのCAD資格と関連性が高いカリキュラムの場合は、授業の進行と一致させながら養成講座を受講するのも効果的です。

 

物作りである製造業では、CADソフトを使っていないところの方が珍しいので、新卒であっても資格取得しておくことには大いに意味があります。

 

高校卒業後にCAD資格を取得する

高校卒業後であっても、CAD資格を取得することでCAD オペレーターへの道が開けます。

 

まだ若ければアルバイトとして雇ってくれますが、いつまでもフリーターというわけにはいきません。貴重な若さを無駄遣いせず、早めにCAD資格を取得して専門職になってみましょう。

 

普通科の高卒は、大卒を対象とした総合職には応募できず、かといって商業科や工業科のような専門知識もありません。そのままでは誰でもできる単純作業に埋没してしまうので、資格取得によって現状を打開するべきです。

 

特に、女性は細かい作業をするCADオペレーターと相性が良く、求人の多さも相まって、有望な選択肢になっています。

 

在学中に取得すると選択肢が多い

高卒で正社員待遇の求人を探すと、基本的に現場でマルチタスクを行う作業員になります。

 

とはいえ、新卒で就職できるかどうかは大きなポイントであり、在学中に資格取得をすると選択肢が多くなるのです。

 

新人研修に時間をかける余裕がない中小企業にとっては、新卒でありながらも一定のCAD ソフトの操作ができるのはありがたい話です。

 

いくらこれから育てていく若手と言っても、忙しい現場では手取り足取りというわけにはいかず、できるだけ即戦力に近い方が助かります。

 

普通科では大学進学が多数を占める為、学校側からの就職活動の支援はあまり望めません。CAD資格の取得によって、自分で自分の道を切り開きましょう。