CAD 資格

CAD資格を取得するメリットとは?【CAD資格取得ナビ】

CAD資格を取得するメリットはいくつかあります。まずCADはほとんどの分野で必要不可欠な製図ツールになっています。

 

建築・機械・航空・自動車・アパレル・インテリア・医療などがCADを必ず使用している分野です。CAD操作が出来るということは、これらの現場のニーズに応えることが可能になるのです。

 

つまりこの資格を取得すれば、就職できる仕事の分野が大きく広がります。もちろん、実際に働くには各分野に関わる知識がある程度必要とされます。しかし、CAD資格を持っておけばモノづくりの設計やデザインにとても貢献できるのです。

 

モノづくりとCADの関係

モノづくりとCADは今では切っても切れない関係になっています。CADが誕生するまでは、アイデアを図面に手描きで描いていく作業はとても時間が掛かり、専門家でないと理解できない図面でした。

 

1960年代に入って2次元CADが実用化され、手描きの作業で掛かっていた膨大な時間が一気に短縮されました。現在では3次元CADが普及してきて、一般の人たちでも一目で分かるように設計図が視覚化されました。

 

設計者・製作者・顧客のコミュニケーションがより円滑に現場で行われるようになったのです。3DCADの存在は今ではモノづくりの企業に必要不可欠な存在になっています。

 

変革期にあるCADの存在価値

そして、今後のモノづくりは3次元CADとあるモノによって大きく変わっていくかもしれないのです。

 

そのあるモノとは「3Dプリンター」です。近年の3Dプリンターの技術革新は著しく、急激に世界中で需要を伸ばしています。今後は消費者などの一般家庭にも3Dプリンターの存在は浸透していくかもしれないと予想されています。

 

すると、一般家庭でも自分のデザインした商品を3Dプリンターで製作できるようになるのです。しかし、3Dプリンターで製作するには3次元CADが扱えなければ意味がありません。3次元CADを使いこなすことが一番重要なスキルになってくるのです。

 

事実、今では多くの企業や会社が3DCADの資格を持つ人材を求めています。特に将来性のある宇宙やロボット、医療に関わる企業が3Dプリンターと3DCADの需要を高めています。

 

今後も3DCADの存在は、私たちにとって更に大きくなっていくでしょう。CAD資格はあなたの将来性と多くの選択肢を人生に与えてくれるメリットを持っているのです。