リカレント CAD

リカレント「CAD利用技術者1級対策コース」の特徴

「CAD利用技術者試験」という国内では最も認知度の高いCAD資格があります。

 

コンピューターソフトウェア協会が主催しているこの資格は、トレース、建築、機械の3分野に分けられています。3分野とも1級の等級が設けられていて、1級機械の合格率は約30%と難易度の高い資格です。

 

資格に強いリカレント

このCAD利用技術者1級の資格を目指して、多くの専門学校が試験対策のコースを作っているようです。その中で代表的な学校が、リカレントという専門学校です。

 

「リカレント」は、WEBデザイン、DTPグラフィック、インテリアコーディネート、CADなど多くの分野での資格取得に実績のある学校です。特にWEBデザインでの資格取得に強みを持っている学校ですが、初心者に対しての教育システムにも定評があります。

 

授業のシステムは少人数制クラスを採用しており、夜間や土日にも受講できます。またCADなどのスキル習得だけでなく、その習得したスキルを現場で活かせることができるノウハウも学ぶことができる授業もあるようです。

 

リカレントは、CAD資格取得後に抱える問題点を理解して取り組んでいる学校です。

 

受験者の後ろ盾となる合格保証制度

このリカレントが設けた「CAD利用技術者1級 対策(合格保証)コース」は、初心者でも就職先で即戦力として働ける操作スピード、テクニック、正確性などを習得することを目的としています。

 

このコースの特徴は「合格保証制度」というサポートです。リカレントの「合格保証制度」とは、本試験にパス出来なかった場合、合格保証書に記されている期限までに開講される試験対策コースの受講料が免除されるというシステムです。

 

このシステムはリカレントが持つ養成コースのほとんどに付いているようです。業界でも定評のあるリカレントのCAD利用技術者試験1級の合格率は76%です。これは全国平均の33.1%を大幅に超えています。

 

このコースはCADの基礎を学びたい未経験者にオススメです。ただ実務経験があってCAD操作に慣れている人にとっては、物足りなさを感じる養成講座かもしれません。