CAD 資格 建築 インテリア

建築・インテリア業界て?CAD資格を活用する

建築・インテリア業界でCAD資格を活用していくには、どういったことが必要なのでしょうか。まず建築・インテリアの仕事ではCADを必ず使用します。

 

CADのスキルだけでなく、その分野に関する知識も十分に身に付けておくことが必要です。なぜなら、建物の設計やインテリアのデザインなどが出来る知識が無ければ、どれだけCADという製図ツールが扱えても何一つ作ることが出来ないからです。

 

建築系企業では最低でも建築士2級、インテリア系企業ならインテリアコーディネーターなどの資格取得が求められるようです。これらの資格とCAD能力があることによって、モノづくりの現場で仕事が出来ると言っても過言ではないでしょう。

 

建築系企業でCADを活用する

建築系企業では、設計と提案から製図までを1人でこなせる人材を常に求めています。この業界は特に専門用語が多く、現場で作業に関わっていくには十分な建築の専門知識が必要になります。

 

建築士1級、2級は建築業界で働く為に取得しておくべき資格です。これらの知識・スキルを土台にしてCAD資格もあれば、現場でとても重宝される存在になれます。

 

建築士の仕事は設計や製図だけではありません。施工期間に入れば、工事現場において設計図通りに工事が進んでいることも確認しなければいけません。

 

その際に施工業者ともCADで製作した図面を用いてコミュニケーションを取ります。設計者と施工業者の間での理解や正確な情報を共有するツールとしても、CADはとても重要な役割を持っています。

 

建築士がCAD資格を活用すれば、仕事をスムーズに進めてくれる大きな助けとなってくれるでしょう。

 

インテリア業界でのCAD活用

同じくインテリア業界でもCADトレース資格だけでは不十分と言われています。なぜなら、この業界でのCADはトレース(複写)能力だけでなく、CADでデザインができる実務的なスキルが求められるからです。

 

またこの仕事は資格だけでなく、経験やセンスも重要視されやすいとも言われています。インテリアコーディネーターとは、屋内の空間を顧客のニーズに合わせてプロデュースする仕事です。

 

コーディネーターがCADを活用する場面は、顧客の要望を受けてから頭の中で描いているイメージを具現化したい時です。CAD資格を持っていれば、そのイメージを自由自在に図面上へ描き出すことが出来るでしょう。