CAD実務キャリア認定制度 出題内容

CAD実務キャリア認定制度の出題内容とは?

CAD実務キャリア認定制度の出題内容は、どのようになっているのでしょうか。

 

こちらの試験は在宅試験ではあるものの、やはり出題内容については理解しておきたいものです。

 

ここでは、CAD実務キャリア認定制度の出題内容について、ご紹介していきます。

 

CAD実務キャリア認定制度の出題内容とは

CAD実務キャリア認定制度では、以下の3種類の試験が実施されています。

 

○3次元CADトレーサー認定試験(上級程度)
○3次元CADアドミニストレーター認定試験(中級程度)
○CADアドミニストレーター認定試験(初級程度)

 

この3種類ごとに、それぞれ出題内容を見ていきたいと思います。

 

3次元CADトレーサー認定試験(上級程度)

こちらの試験は、3次元CADのモデリング操作、図面化などの習得度合いについての試験となります。

 

3次元CADの機能を駆使しながら、課題形状のモデリング、組み立て、機械図面化、指示によるモデル形状の変更、追加対応力などの技術が試されます。

 

・3Dモデリング知識と技能
・部品の組み立て技能(アッセンブル技能)
・アッセンブルモデルの2次元化の技能
・機械製図知識(機械の図面完成能力)

 

など、このような出題があります。

 

3次元CADアドミニストレーター認定試験(中級程度)

こちらの試験では、3次元CADの基本操作の習得度合いについての試験となります。

 

分野における専門的設計技術などに関係なく、3次元CADのモデリング機能によって、課題の立体形状を作図・完成・変更、2次元化させる技術などが試されます。

 

・3Dモデリングの知識と技能
・簡単な部品組み立ての技能(アッセンブル技能)
・2次元化の技能

 

など、このような出題があります。

 

CADアドミニストレーター認定試験(初級程度)

こちらの試験では、2次元CADの操作の習得や図形の知識、性質、図学力などの基礎についての試験となります。

 

分野における専門的な設計技術などに関係なく、2次元CADの機能を駆使して課題形状を作図、完成させる技術が試されます。

 

・図形に関する基礎知識
・図形を作図する能力
・CADの操作についての技能

 

など、このような出題があります。