CAD 仕事 やりがい

CADオペレーター|仕事のやりがいとは?

未経験の女性でも専門職になれる

CADオペレーターは、未経験から一人前になった女性も多く、技術職になりたい主婦の方にも人気があります。

 

医療事務のような女性向け資格より難易度が高いのですが、その分だけ専門職として差別化できるのです。専門職の仕事は、どれも大きな影響力があり、一般事務より大きなやりがいがあります。

 

専門学部を卒業しなくてもメリットは大きく、現在の仕事では頭打ちという方が一念発起してCAD資格を取得するケースも多く見られます。お金と時間を自分自身に投資することで、新たなキャリアを築いているのです。

 

全体的に責任がある仕事を任せられるので、仕事のやりがいとしては他の職種より強く実感できます。

 

他人の役に立っている実感がある

社会人の悩みの一つが、自分の仕事が役に立っていないのではないかという疑問です。社内的な事務処理など、誰がやっても変わらない仕事をやらされている方は大勢います。

 

けれども、ほぼ一日いる職場でどうでもいい作業だけやっていては、気が滅入ってしまうのも無理はありません。

 

専門職のCADオペレーターは、設計士から渡された図面をシステム上で調整していきます。他人の役に立っている実感があり、時には納期に追われて長時間勤務を強いられるものの、チームの一員として活躍できていると思える環境です。

 

働くスタイルによってどこまで担当するのかが違いますが、他人に必要とされる重要な仕事です。

 

自分が携わったと自信を持って言える

わざわざCADオペレーターを雇用する職場では、橋梁などの一大プロジェクトに関わっているケースが多いです。

 

さすがに、設計は専門学部を卒業した専門家が行いますが、その図面を正確な電子データにして周知させる点ではCADオペレーターの存在も欠かせません。自分が携わったと自信を持って言える仕事ができるのは、誰に対しても自慢できることです。

 

CADソフトを使用している業界は色々あるので、異業種への転職にもチャレンジできます。実務経験が一通りあれば、別のCADソフトであっても比較的短期間で習得できるでしょう。

 

自分なりに付加価値をつけていけば、CADオペレーターとして長く働けます。