CADソフト

代表的なCADソフトにはどんなものがある?

広く使用されているJW-CAD

フリーソフトとしてプロも使っているJW-CADは、CADソフトとして外せないスタンダードです。廉価版でさえ10万円を超えるCADソフトだけに、無料で使用できるメリットは何物にも代えがたい魅力があります。

 

このJW-CADをメインツールとして教えているスクールもあるのですが、他のCADソフトに慣れておいた方が有利になります。もっとも、基礎が分かっている方が独学で習得するには最適です。

 

小規模の下請であっても、フリーのJW-CADによって縦横無尽に2Dの図面を制作、共有しています。そもそも、建設、建築現場でそういう使い方をする為に、関係者が制作したCADソフトです。

 

3DまでカバーしているAutoCAD

商業CADソフトとして、かゆいところまで手が届く内容です。立体的な図面である3Dまで対応していることから、古い設計ながらいまだ現役として君臨しています。

 

汎用性が高いことから、一般的なアイテム制作においても用いられているのが特徴です。

 

実績が豊富で、それぞれの業界向けに特化したカスタマイズ版も多く販売されています。ベーシック版をマスターすれば、特化型も自在に扱えるでしょう。

 

プリンターも3D対応になった以上、立体的なAutoCADを身につけることが長くプロでいられる条件です。

 

他にもメジャーなCADソフトはあるものの、AutoCADの優位は揺らいでいません。

 

インテリア系のVectorworks

専門分野に特化したCADソフトとしては、建設関係のVectorworksが有名です。

 

このCADソフトは、照明などの内装系にも強く、それぞれの分野別に販売されています。住宅系のプロにとっては、まさに欠かせないツールです。

 

主にインテリアデザイナーなどが愛用していて、イメージを具現化する際に重宝しています。なお、アウトプットのグラフィック描写を強化した、特別バージョンも選択可能です。

 

世界最先端の仕事もこなせるトップレベルの性能があるのですが、それだけに生半可なパソコンでは十分な性能を発揮できません。

 

それに、CADソフトの使い方を全く知らない方にとっては、プロ向けのVectorworksではオーバースペックになってしまいます。