CAD 資格 通信講座

CAD資格|通信講座ではどんな事を学ぶ?

CAD資格を取得する方法には、独学や通信・通学といったような講座を受講する方法があります。

 

これらの勉強方法は、自分に合ったものを選ばなくては後悔してしまうことになります。

 

どのようなことを学べるのかを知っておくと、どのような学習方法をとればいいのかということが分かります。

 

通信講座ではどのようなことを学ぶのか

通信講座を開講しているスクールにも、様々なスクールがあるのですが、今回はe-Grooveの通信講座を例に挙げてご紹介していこうと思います。

 

ゼロからのCAD講座というものがあります。こちらは、短期間でCADの利用技術と資格を取得するというものです。

 

受講期間は3ヶ月〜9ヶ月、標準なら6ヶ月です。費用は標準コースで48,000円(税抜、キャンペーン価格)となっています。

 

通信講座ですので、教材は自宅に発送されます。

 

○作図の編集基礎…画面表示の操作、消去、点、多角形、円、中心線、面取りなど
○作図練習(基礎)…基本的な作図の流れと演習問題10つ
○作図編集コマンド(応用)…コーナー処理、分割、属性選択、変更、図形の配置など
○レイヤの利用…レイヤの基本、グループ操作など
○その他の機能…データ整理、文字コマンド、寸法コマンド、基本設定など
○作図練習(応用)…雛形ファイルの作図5つ、演習問題6つ
○添削問題…機械3問、建築2問

 

テキストではこのような内容を学習していくことになります。

 

初心者の方であっても学習しやすい内容となっています。

 

e-ラーニングでは、様々な演習図面を作図していく練習もおこなうことが出来ます。

 

お手本となる作図方法を確認することも出来ますので、とても便利です。

 

このような、e-ラーニングを活用しての学習は、通信教育ならではと言えます。

 

もちろん、質問サポートなどもありますし、合格保証制度なども設けられていますので、安心して通信講座を受講することが可能となっています。

 

通信講座ではどのような内容を学ぶ事が出来るのかという点を知る事も大切ですが、それと同じくらい、どのようなサポートがあるのかという点を知る事も大切です。

 

直接指導を受けることが出来る通学講座とは異なるため、様々なポイントを確認することが大切になります。