CADオペレーターになるには

CADオペレーターになるには?

資格取得によってチャンスを得る

CADオペレーターは、実務に即した資格が充実している業種で、入門レベルの資格であっても評価されやすい傾向にあります。

 

資格取得によってチャンスが増加するので、まさに万人に向いている方法です。

 

需要が大きく、未経験であっても応募できる求人はあるものの、一から教えなくてはいけない人材では採用されない可能性が高いです。

 

現場で手がかかると、その分だけ会社の業務が滞ってしまいますし、何よりCADオペレーターに向いている人材かどうかの見極めが困難になってしまいます。

 

履歴書に記載できる資格は、プロのCADオペレーターになる為のパスポートとしての役割を果たしてくれます。

 

大手予備校にはネットワークがある

ただ資格取得をするだけでは、手探りで就職活動をする羽目になってしまいます。

 

しかし、大手予備校には日本全国にまたがるネットワークがあり、自校の講座を修了した方を対象に求人の斡旋などを行っているのです。色々な求人を紹介してもらえるので、講座の学費以上の価値があります。

 

CADオペレーターは派遣形態との相性が良く、大手予備校経由で派遣会社に登録する方も大勢います。大手によっては、グループの一企業として機能しており、グループ内の派遣会社から直接求人が紹介されているケースも見られます。

 

スマートに自分の希望条件の求人を見つけるコツは、そのネットワークを利用することです。

 

独学では色々な意味で効率が悪い

第一線で製図関係の仕事をしている方の中には、CAD資格だけでは使い物にならないという意見もあります。

 

逆に、大手企業のように、言われたことを行うだけの純粋なCADオペレーターもおり、会社によって大きく扱いが違っている状況です。

 

独学では、すでに古くなった情報や、偏った考えの著者が書いた書籍を参考にするしかなく、色々な意味で効率が悪くなってしまいます。早くCAD資格を取得して現場に入らなければいけない以上、いつまでも座学をやっているわけにはいきません。

 

CADオペレーターに必要とされる知識やスキルを理解して、なおかつ、適切な就職活動を行うには、養成講座の受講が最も効果的です。