AutoCAD ソフト

CADソフト「AutoCAD」とは?

多くのCADソフトのベース

作図は正確に行わなければならず、信頼性が高いソフトウェアの中から選ぶ必要があります。

 

AutoCADは、そのような厳しいチェックをクリアした、世界的なCADソフトです。過去にオープンソースにした経緯があり、その影響で多方面にて活用されています。

 

多くのCADソフトのベースとなっている存在ゆえ、ここに特定の業種に必要な機能を追加したカスタマイズが施された、高機能版も販売されています。

 

資格取得に際しては、まだそこまでの機能を使用しないので、入門用モデルで十分です。

 

スクールなど資格対策講座を受講する場合は、そこで使用されているCADソフトの種類を確認しなければいけません。

 

特にこだわりがなければお勧め

すでに自分が就職したい業種が決まっていて、どうしてもそこでなければ嫌だ、という方でない限り、AutoCADに慣れることがお勧めです。世界標準に近い普及率だから、どこに就職しても役立つスキルになります。

 

いくらCADソフトに共通性があるとはいえ、同列のAutoCAD系でさえ、バージョンが違ったら戸惑う部分があるのです。まして、他メーカーのCADソフトとなったら、操作を覚えるだけで一苦労になってしまいます。

 

失敗が許されない上にスピードを要求される職種なので、AutoCADで資格取得を狙いましょう。実務的に不足している部分は、働きながら随時覚えていけば大丈夫です。

 

多業種で使用されている汎用型

色々な人間が携われるオープンソースであった影響は大きく、他業種で使用されている現役です。もう主流から外れたマイナーではないので、プロとして信頼に足るツールと言えます。

 

AutoCADを選択することが、専門職としてデビューする第一歩になるのです。

 

入口の段階で業種を限定しないことは、就職しやすいことでもあります。たとえば、建築は景気に左右されやすい業界であり、不景気になると急に受注数が減ってしまうデメリットがあるのです。

 

その時代に合った業界で働けるとなれば、臨機応変に需要があるところへ応募できます。業界によって流儀が違えども、CADオペレーターの実務経験があれば、あとは慣れの問題に過ぎません。