建築CAD検定試験

建築CAD検定試験とは?

CAD資格の一つである、建築CAD検定試験とはどのようなものなのでしょうか。

 

ここでは建築CAD検定試験について、ご紹介していきたいと思います。

 

建築CAD検定試験って?

CAD資格には様々な種類があるのはご存知だと思います。

 

建築CAD検定試験は、その中の一つとして存在している民間資格であり、一般社団法人全国建築CAD連盟が認定しています。

 

こちらの試験は、准1級・2級・3級・4級があり、4級は高校の団体受験のみとなっています。

 

どの級を受験しようとする際にも、受験資格などは設けられておらず、どなたでも受験することが出来ます。

 

CADの資格というと、機械系のCADもイメージしやすいと思うのですが、こちらの資格はその名の通り、建築のCADに関する試験となっています。

 

建築用の図面をCADを使用して作成する技能を認定するものであり、1993年から実施されている日本で初めての建築CADの試験となります。

 

今では全国500校近くの教育機関で導入されており、建築系のCAD試験の中では、受験者数・規模ともに日本で最大級の試験となっています。

 

自分の建築知識をもとに、与えられた条件下で建築一般図を作成したり、CADシステムを使用し、建築図面を正しくトレースする力を試します。

 

CADに関しての技術のみならず、基礎的な建築知識も併せ持っている必要がある試験となります。

 

一般受験に関しては、試験会場に設置されているパソコンを使用しての受験と、自分のノートパソコンを持ち込んでの受験があります。

 

試験会場は毎回異なりますので、自宅近くに試験会場が無いということも有り得ます。

 

そのため、事前に試験要項についてはしっかりと確認しておく必要があります。

 

そして、こちらの試験は、合格後に更新があります。

 

更新しなくては建築CAD検定試験の権利が失われるということではありませんが、認定証は1年間の有効期限が設けられています。