CAD 資格 アパレル

アパレル業界でCAD資格を活用する【CAD資格取得ナビ】

アパレル業界でもCAD資格はかなり活用することができます。この業界では、CADは主にデザイナーが作ったデザインから型紙をデータ化することを目的に使われております。

 

この役割を業界では「パタンナー」と呼ばれています。日本国内ではファッションデザイナーのアシスタント的な存在ですが、海外では対等関係にあるようです。

 

また各会社にはチーフデザイナーとチーフパタンナーが設けられています。デザイナーはもちろん、パタンナーも優秀な人材であれば他企業からヘッドハンティングされることもあります。

 

認知度はあまり高くない職業ですが、アパレル業界ではかなり重要な役割を担っています。

 

アパレル専用のCAD

アパレル用のCADもあり、基本的にはその専用CADを使用します。パタンナーはCADを使用して「パターンメイキング(パターン作成)」「グレーディング(サイズ展開」「マーキング(型入れ)」などを行っていきます。

 

グレーディングとは、企画が通った製品を量産する際に型紙を多くのサイズに合わせて作ることを言います。CAD資格があれば、このグレーディング作業をとてもスムーズに進めることが出来るのです。

 

有名なアパレルCADソフトウェアは「YUKA & ALPHA」や「CREA COMPO」などです。アパレルCADを導入する時は、併せてパターンを作るための大型プリンターが必要になります。

 

近年ではアパレルCAD検定も普及してきており、国内のパタンナー技術の目安にもなりつつあるようです。またCAD資格の専門学校ではパタンナーコースが別に設けられるなど注目が高まっています。

 

CADスキルを極めていける職業

パタンナーはファッションに関わる知識だけでなく、CADを使ってのレベルの高いパターン製作技術が求められます。型紙作りは1ミリ単位での調整が必要な作業ですので、正確性がモノを言う職種です。

 

それだけにかなり集中力が必要とされるので、業界では激務のポジションとしても知られているようです。

 

アパレル業界を陰から支えるパタンナーは、CAD資格で習得したスキルを思う存分に発揮して活用できる仕事なのです。