CADオペレーター 能力

CADオペレーター|どんな能力を求められる?

正確にCADソフトを使えること

CADオペレーターは、CADソフトを使用して、専門職が書き上げた設計図を電子データ化することが主な仕事です。

 

そのため、CADソフトを自由自在に使える能力が必要不可欠であり、基本的にCADオペレーターの経験者か、その業界向けの資格を持っている方が採用されています。

 

参考書を頼りとした独学でも、ある程度のCADソフトの勉強はできますが、客観的なスキル証明として、具体的な実務経験か、信頼性が高い資格を提示しなければいけません。

 

同じCADオペレーターの仕事であっても担当範囲が様々であり、一般事務に近いポジションから、設計部付きの設計士見習いまで幅広いのが特徴です。

 

分からないところを確認できること

職種によっては、書類の体裁さえ整っていれば、独断であっても大きな問題にならない可能性があります。ですが、設計図を扱うCADオペレーターでは、1pの誤差も許されません。

 

万が一、本来の設計図とは違う数値を入力してしまったら、将来的に橋やビルが崩れるといった大惨事になってしまいます。

 

分からない部分をしっかり確認できることも、CADオペレーターに欠かせないスキルの1つです。忙しい設計士などから上手く聞き出す必要があるので、そういった機微に長けている方が向いています。

 

未経験の場合は、何をするにしても周囲に確認しなければならないので、メモを取るなどの工夫をしましょう。

 

求められている役割を理解すること

CADオペレーターは、女性も多く活躍している専門職です。

 

大手企業の快適なオフィスビルで働くこともできるとあって、資格取得をキッカケに転職する方も少なくありません。汎用性が高いCADオペレーターの活躍の場は、機械、建設、アクセサリーとあらゆる分野に広がっています。

 

同じ業界であっても、CADオペレーターに求められる役割は違います。アルバイトとして設計図の手直しだけやってくれれば良いところから、ゆくゆくは製図などの上流工程も担当して欲しいところまで色々あるのです。

 

求人情報を見る段階からマッチングが始まっているので、自分が求められている役割をよく理解しておきましょう。